太陽光発電量、1日1kwh増加の法則

スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村

冬至が過ぎてまだ1ヵ月も立たないのに、鹿嶋市の弊社3号基(78kw南20度)は快晴での1日発電量が340kwhを超えて来ました。

ちなみに冬至付近の快晴での発電量が

310kwhでしたから、20日で約30kwh増加してます。1日1.5kwh増加するペースですね。このままリニアに増加すると5月には150kwh増加して490kwhにたっする勢いですが、流石にそこまではいきません。冬至付近はV字回復しますが段々に鈍って、平均すると1日あたりで1kwhくらい増加すると考えればそう遠くない気がします。2月中旬で370kwh、3月中旬で400kwh、4月中旬で430kwh、5月中旬に460kwhですね。なかなか妥当な線な気がします。1日1kwhの法則と名付けましょう。ただし鹿嶋市における南向き仰角20度の150%過積載の場合ですが。(^^;;

しかし、ばっしーさんのソーラーフロンティア90kwのモンスターは同じ日で365kwhです!物凄いパワーですね。

【追記】というのは私の勘違いで、365kwhは多結晶85kwの方でした。パネルあたりだと4.29でピークカットは78kwに対して2%ほどの増加。85kwならまだまだパネルは乗せただけの効果が出ますね!ソーラーフロンティア90kwがどれだけの値を記録してたのか、興味深々です。(^^)

ちなみに弊社3号基の発電量を去年の同時期と比較してみました。

ほぼ同じで、安心しました。誤差の範囲ですがあえて計算すると1年の劣化率は0.3%となります。

コメント

  1. ばっしー より:

    この時期、日に日に発電量が増えてきて、テンションが上がってきますよね!!
    また、どうでも良いことなのですが、
    自分の365kWhは、Qセルズ85kWの数値かと思います(^^ゞ
    SF90kWは、まだ遠隔監視が出来ておらず、、、
    その日は、ざっくり計算ですが380kWh近く発電してそうです。
    また、どちらもパワコンの発電量ですので、実際の売電量だと例のケーブルロスでどれくらい割引されるか(^^;
    いずれにしても、今月末の検針票が楽しみですね~♪

  2. minoli より:

    ばっしーさん

    なんと!多結晶の85kwでしたか〜
    パネルkwあたりだと4.29ですから、なるほどな感じですね。そうなるとSF90kwはそら恐ろしいですね〜(^^;;